​各支援制度のご案内

各種支援制度の内容については釧路市の制度を掲載しています。
各自治体により制度内容は異なります。
詳細については、各自治体のホームページをご活用ください。

​児童手当

中学校修了までの児童を養育している方に支給されます。

​児童扶養手当

父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていないお子さんを養育している家庭の生活の安定と自立を促進し、お子さんのすこやかな成長を助けるために支給されます。

​特別児童扶養手当

精神又は身体に障がいのある20歳未満の児童を養育している父母、または養育者に支給されます。

​災害遺児手当

交通、労働、海上災害で父または母もしくは養育者が死亡(または重度障害)した児童を養育している方に支給されます。

​ひとり親家庭医療費助成

釧路市に居住し、健康保険に加入している、次のいずれかに該当する母子・父子家庭の方です。なお、生計を維持する方等の所得制限があります。(生活保護を受けている方、子を里親に委ねている方は除きます。)

​ひとり親家庭の自習室

​預かります

​自立支援教育訓練給付金

母子家庭の母又は父子家庭の父を対象に、就業のために技術を身に付けることや積極的な能力開発への取り組みを支援し、自立の促進を目的とした給付金です。
対象となる講座を受講した場合、講座修了後に受講料の一部を支給します。

​遺族基礎年金

国民年金の被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人などが死亡したときに、その人によって生計を維持されていた子(※)のある妻、または子(※)に支給されます。

​遺族厚生年金

厚生年金の被保険者または老齢厚生年金の受給資格期間を満たした人などが死亡したときに、その人によって生計を維持されていた遺族に支給されます。

​釧路市福祉金庫資金

一時的に生活に困っている低所得世帯に対して、日常生活を営むための生活費5万円までを無利子で借り入れが出来ます。(貸付には、保証人等の条件があります)

​生活保護

離別や病気で働けなくなった等、生活に困っている方のために生活、住宅、教育、介護、医療、出産、生業、葬祭、介護を一定の基準に応じて扶助されます。

​市営住宅・道営住宅

離別や病気で働けなくなった等、生活に困っている方のために生活、住宅、教育、介護、医療、出産、生業、葬祭、介護を一定の基準に応じて扶助されます。

​高等職業訓練促進給付金

専門的な資格の取得を容易にするため、母子家庭の母又は父子家庭の父が1年以上(令和3年度中に限り6か月以上)の養成機関で修業する場合、一定期間、訓練促進給付金を支給するとともに修了支援給付金を支給し、生活費の負担を軽減します。

​子育てに関する支援制度

離別や病気で働けなくなった等、生活に困っている方のために生活、住宅、教育、介護、医療、出産、生業、葬祭、介護を一定の基準に応じて扶助されます。

​いろいろな相談窓口

離別や病気で働けなくなった等、生活に困っている方のために生活、住宅、教育、介護、医療、出産、生業、葬祭、介護を一定の基準に応じて扶助されます。